TOP > 留学情報・留学体験談 > JSAF派遣生留学体験談 > JSAF協定大学の魅力!~派遣生の声~

JSAF協定大学の魅力!~派遣生の声~

JSAFには世界12ヵ国120以上の大学と協定を結んでいます。それぞれが世界的にレベルの高い、充実したカリキュラムを兼ね備えた大学です。しかし、紹介文だけでは伝わらない魅力が沢山ある!ということで、今回はJSAF派遣生として実際に留学をしている皆さんからの現地レポートとして、各協定大学の魅力について教えてもらいました。

 

アメリカの協定大学一覧(抜粋)

ヨーロッパの協定大学一覧(抜粋)

オセアニアの協定校一覧(抜粋)

 

アメリカ

 

アーケイディア大学

IUPUI

アパラチアン州立大学

インディアナ州立大学 

エバンスビル大学 

ウェスタンオレゴン大学

オレゴン大学

カリフォルニア州立大学

チコ

カリフォルニア州立大学

ドミンゲスヒルズ

 

カリフォルニア州立大学

フラトン

カリフォルニア州立大学

モントレーベイ

キャロルカレッジ

ソノマ州立大学

テネシー工科大学

ノースアラバマ大学

 

バルパライソ大学

モンタナ大学

ユタ大学 

 

ヨーロッパ

トリニティカレッジ・

ダブリン(アイルランド)

イーストアングリア

大学(イギリス)

キングス・カレッジ・

ロンドン ロンドン大学

(イギリス)

グラスゴーカレドニアン

大学(イギリス)

ストラスブール大学

(フランス)

ミラノカトリック

サクロクオーレ大学

(イタリア)

 

 オセアニア

ニューサウス

ウェールズ大学

(オーストラリア)

フリンダース大学

(オーストラリア)

オークランド大学

(ニュージーランド)

 

 

 

 

アメリカ

アーケイディア大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談はこちら

 

★いろんな国の文化に興味のある学生が多い

韓国のK-popやスペインの食文化、そしてビジネスとして必要なフランス語に、アニメを主とした日本の文化…様々な文化を知ろうという気風が強いです。

 

★美しいキャンパス

まるでハリーポッターの世界に迷い込んだかのような美しいお城が学校です。雰囲気がとてもいいので、勉強しようという気にもなります。

 

★便利な立地

フィラデルフィアへは電車で20分程度なのでよく遊びに出かけます。近くにあるペンシルバニア大学もとても景観がよく素敵です。

IUPUI

 

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)はこちら

派遣生の体験談(FLAP)はこちら

 

 

★設備の整ったキャンパス

キャンパスは日本とは比べ物にならないほど広く、学部によって建物が違い、車移動が必須となります。そのためキャンパス内にはシャトルバスが走っておりとても便利です。温かい時期になると学生が外でのんびりお話したりお昼寝したり、サッカーやフリスビーをする学生が多かったです。各校舎内では自習をしている学生が多く、頭のいい大学だけあり意識が高かったです。

 

★英語力が抜群に伸びる環境

留学生はそれなりの数がいましたが、どの留学生も英語が第二ヶ国語であっても流暢に話せる人ばかりなので、とても刺激的な環境です。英語は確実に伸びやすい環境であると思います。

アパラチアン州立大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談はこちら

 

★留学生の受け入れ態勢が抜群

ローカルファミリーの紹介や、現地の学生とのバディ制度など、留学生に対し非常に親切です。留学生向けイベントも開催してくれるので積極的に参加しています。教授も現地学生もみんないい人で、テスト前には気にかけてくれたり、エッセイを添削してくれたりと、本当に優しいです。

 

★自然がたくさん!

ハイキングに行く学生が多く、私も友人やローカルファミリーとよく行きます。星空はとても綺麗で、天の川が見えます。キャンパスが広いので、アメリカのキャンパスライフを楽しみたい人にはオススメです

 

★日本のことや日本語を教えられる

日本語を勉強する生徒や、日本に関係のある生徒がとても多いので、日本人留学生というだけでいくつかのコミュニティに関わることができます。英語を教えられ、また日本語を教えるとてもいい環境だと思います。

 

インディアナ州立大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)はこちら

派遣生の体験談(FLAP)はこちら

 

★留学生やアジア系の学生が少ない

多数の国から留学生は来ていますが、数自体はそこまで多くないので、必然的にアメリカ人の友達が沢山出来ます。学部の授業では他の留学生と一緒になったことはありません。滞在している寮も現地学生と一緒なので、アメリカ人学生と変わらない大学生活を送ることができます。

 

★勉強や友達と過ごす時間の多さ

人の繋がりを重視する人が多く、良くも悪くも英語から逃げられない環境が個人的にとても気に入っています。

 

★日本や日本語について教える経験が出来る

毎週木曜日に開催される「Japanese coffee table」では、日本語を勉強してる学生に日本の文化、遊び、食べ物などについて教えています。毎回、15人以上の現地学生が来てくれます。日本人の学生としても英語を学ぶことができるので、give&takeの素晴らしいイベントです。

エバンスビル大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談はこちら

 

★アットホームで留学生に優しい雰囲気

アットホームなコミュニティのため、色々な人と友達になれます。教授も留学生への理解があり、いつも気にかけてくれます。授業も少人数なので分からない所はとことん教えてくれます。ハウスキーパーや食堂の人も優しいです。他の留学生とは、すぐ友達になれました。現地学生も他文化を理解する気持ちがあるのでフレンドリーです。

 

★安心できる環境

エバンスビル大学は町全体を含め近隣の方や教授、生徒が心温かく、困ったことがあると手を差し伸べて導いてくれます。治安も大変よく、平和ボケをしてしまっているくらいです。また、何をするにしても厚いサポートをしてもらえるので留学する前の不安はすっかり消え毎日充実して過ごしています。

ウェスタンオレゴン大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談はこちら

 

少人数制の授業

クラスメイトは基本的に20人から30人程度で、授業によっては10人前後のものもあります。人数が少ない分、周りの学生も教授も私が留学生であることや、読むスピードも理解力も現地学生と比べたら低いことを理解してくれています。だからこそ授業に取り組みやすく、自分なりに頑張ろうと思うことができます

 

★勉強できる環境が整っている

自然にあふれていて静かなので勉強に集中できる環境だと思います。

 

★友達を作りやすい

留学した最初の頃は、友達が作りにくいと思っていたのですが、学校が小さめなので毎日顔を合わす人がたくさんいます。また、スポーツの施設も充実しているため、イベントを通じて楽しみながら友達を増やすことができます。

 

オレゴン大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)はこちら

派遣生の体験談(FLAP)はこちら

 

★地元密着型でアットホーム

店で買い物などしていると、店員の方に「オレゴンの学生?」と話しかけられ親切にしてくれますし、大学内外で多くの人が大学の服を着ています。

 

★イベントが大好き

大学のあるユージンは田舎でなかなか遊ぶ場所がありません。でも、その分生徒達が自分で楽しもうとする姿勢が強いと感じます。イベントは絶えることなく行われているし、週末にはパーティーだらけだし、アメフトやバスケの試合もとても盛り上がります。アメリカの生徒のワイワイの中で楽しみたい人達には、とてもおすすめの大学です!

 

★留学サポートがしっかりしている

相談できる場所、協力してくれるスタッフが十分にいて「助けてほしい」と言えば迅速に行動してくれます。私自身も学業面やもっと英語を話す機会が欲しいと相談しにいったところたくさんの機会を与えてもらい「いつでも連絡していいよ」と言っていただきました。

カリフォルニア州立大学チコ

大学詳細はこちら

派遣生の体験談はこちら

★メリハリのある雰囲気

12時近くまで図書館が開いているのでよく遅くまで友だちと勉強しますが、深夜でもたくさんの学生が勉強に励んでいて自分の刺激になります。ホワイトボードに数式や化学式を書いて友人と討論している姿は日本ではなかなか見られないので感心します。その一方で、パーティースクールといわれがちですが、金曜土曜は友だちとパーティーして大いに騒ぐ学生ばかりです。日頃のストレスをパーティーで発散しているのだと思います。そんなに騒いでも日曜日はまた遅くまで図書館で勉強する学生ばかりなので、タイムマネジメントを盗み見ています。

 

★可愛らしい自然あふれる街

チコは街が小さく、緑が多い、程よい田舎だと思います。キャンパス内には川が流れていて、緑も多く、勉強が大変でも自然に癒されます。今の季節はちょうど紅葉してきてとても綺麗です。都会のように遊ぶところは少ないですが1時間半ほどでサクラメントに行けますし、必要なものは大体チコ内のお店で揃うので不便ではないです。チコの人は本当に親切でいい人たちばかりです。自然の中で勉強に集中したい人にはぴったりの大学だと思います。キャンパスはダウンタウンへ直結しておりとても便利です。

 

★イベントが豊富

大学のアピールポイントは、毎週何かしらのイベントが開催されることです。大学主催のイベントによって、大学全体が賑やかな雰囲気を保っています。また、HUBというプレイルームのような場所ではほとんど毎日なにかしらの催し物があり、生徒同士が繋がりやすい環境だと思います。

カリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ

大学詳細はこちら

 

★週末にやることが沢山!

留学先のアピールポイントは、立地だと思います。週末には行くべき場所がたくさんあります。行きたいところがありすぎて、どこから行ったらいいかわからないくらいです。他の部屋のドイツ人の人達と仲がいいので、大体毎週末その人たちとどこかしらへ行っています。また、ユニバーサルスタジオやディズニランドのディスカウントもあったりして、とてもうれしいです。

カリフォルニア州立大学フラトン

大学詳細はこちら

★豊富なイベント

寮でのイベントがとても多いです!そして、”come and visit”の精神なので、どこでも誰でも参加できます。友達は現地の人も留学生もみんないい人で、room assistantやハウジングオフィスもしっかりしています。気候が良いため、アウトドア系イベントも多く、ビーチなどもすぐ行けるので、活動的な人にはオススメです!

 

★バックグラウンド豊かな学生たち

様々な人種が一緒に授業を受けています。生徒一人一人がオリジナルのバックグラウンドを持ち、授業に臨んでいるので、ディスカッションの時は特に色々な意見が飛び交いとても刺激的です。

 

★充実した設備

施設も非常に充実しており、中でも大学内にあるジムが私の中では特に、アピールポイントだと思います。敷地がとても広く、ロッククライミングができる施設もあるので、楽しんでワークアウトができると思います。勉強が忙しい中のリフレッシュにはピッタリです!

カリフォルニア州立大学モントレーベイ

大学詳細はこちら

派遣生の体験談はこちら

★自然多く、毎日快晴!!

周りが豊かな自然に囲まれています。気候も日本と比べると、とても良好なので快適で過ごしやすいです。また、綺麗な夕日が見られます。毎日見ても飽きないくらい本当に綺麗で、夕日を見るたびにこの学校を選んでよかったなという気持ちになります。海にも近く、とても綺麗なので、サンセットを見に行くこともあります。また天気がすごく良いので、朝から清々しい気持ちになれます。

キャロルカレッジ

大学詳細はこちら

派遣生の体験談はこちら

 

★動物好きにはピッタリ

世界でも珍しいanthrozoology(動物人間関係学)が専攻科目のひとつとしてあります。文字通り人間と動物の関係を研究する学問で一見なんだか朗らかで楽しそうなのですが、人類学、動物学、民俗学、心理学、獣医学など様々な分野が絡み合い、それらの知識が必要とされる複雑な学問のようです。この分野を専攻するために遠くの州からくる学生もいます。学内には犬を研究のパートナーとして連れている生徒も多く、図書館や食堂などでも目にします。

 

★少人数クラス

授業が小規模なので、一緒の授業をとっている人と顔なじみになりやすいです。私は、授業でわからないことを学生の人に尋ねることもあり、それをきっかけに授業後にお昼を食べるようになりました。また分からないことを質問したり、テスト勉強を手伝ってもらったりしました。

 

★人の温かさ

とにかく人が優しいというのが、キャロルの魅力の一つだと思います。私立のアットホームな大学で、設備もしっかりしており、イベントごともとても充実しています。出発前に抱いているどの様な不安も払拭してくれる素敵な大学です。

ソノマ州立大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)はこちら

派遣生の体験談(FLAP)はこちら

★語学力が伸びる環境

数あるカリフォルニア州立大学の中でも4番目に留学生が少ないという噂を耳にしました。学部の授業目的だけでなく語学力向上といった面では日本語を生活上使う機会が一切ないので、とても良い環境だと思います。

 

★周りの人たちが親切

学生や教授がとても優しく、私の拙い英語を理解しようとしてくれます。皆とてもフレンドリーで親切です。教授も同様で私の稚拙な英語を理解しようとしてくれ、私がペーパーを英語で書いたことがないと告げたところ、ペーパーの再提出を認めてくれました。何も言わなければ何も得ることができませんが、助けを求めれば教授や学生は進んで助けてくれます。

 

★寮が過ごしやすい

アパートメントタイプではなくタウンハウス型なので、十分なスペースが確保できます。リビングルームは広いため小規模なパーティーを開くこともできます。素晴らしい寮ランキングで上位に入っているように、魅力的な寮だと思います。

テネシー工科大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談はこちら

 

★他の国からの留学生たちと沢山関われる

ヨーロッパからエンジニアの勉強をしにきている学生がたくさんいるので色々な国の友達ができます。田舎なので寮でたくさん話す機会があるのも良い点だと思います。

 

★アットホームな雰囲気

日々、人の温かさを感じます。授業で困っていたり、分からないことがあったとき、どの学生も手伝ってくれたり、私が理解するまで何度も説明したりしてくれます。教授も質問したことに対して嫌な顔一つせず、丁寧に説明してくれます。私は授業についていけるか、うまく英語が話せないときに嫌な顔をされないか不安でしたが、全く心配する必要はありませんでした。自分が相手に伝えたいという気持ちが伝われば、つたない英語でも理解しようと一生懸命聞いてくれます。また、学校外に住む地域の人の温かさも買い物やバスの中、道を歩いてる時のちょっとした会話から感じられます。

 

★留学生サポートが手厚い

こちらについてから授業が始まるまでの間に、留学生向けのイベントが沢山あり、留学生とはすぐに皆仲良くなれたように思います。色んな国から来ている留学生ですが、自分よりはるかに英語が堪能であるため、英語も学ぶことができます。またホストファミリー制度やテックバディ制度もあるため、土日にどこかへ出かけたり、セメスター後には泊まりに行かせてもらう予定で、とても親切にして頂いています。

ノースアラバマ大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談はこちら

 

★イベントが多い

インターナショナルオフィスが沢山行事を主催してくれます。それ以外にも学校がムービーナイトなどのイベントを行っているので、アメリカの大学を楽しみながら留学したい人にはとっても良いと思います。

 

★ライオン飼育している

学内ではライオンを飼育しています。今の子が三代目のようで、たまに見に行きます。大学の一角が動物園のようで楽しいです。

 

★留学サポートが手厚い

留学生にとって新しい環境での生活はとても大変ですが、ここUNAでは他国の学生との交流の場がとても多いです。自分が1人という不安は全くなく、安心して留学生活を送ることができます。そして、地域の住人や現地の学生の方々も、とても親切で穏やかな点もアピールポイントです。困ったことがあると直ぐに声をかけてくれたり、挨拶をしたりしてくれます。

 

★自然豊かで美しいキャンパス

建物の多くはレンガ造りのデザインになっていて、とても雰囲気が明るいです。更に、大学の敷地内には多くの木が植えられており、秋には紅葉でとても鮮やかな色に色づいています。その為、紅葉と建物がとてもマッチしていてとても綺麗です。

バルパライソ大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談はこちら

 

★生活しやすい環境

小さな大学なので、コミュニティも広がりやすく、また、スタッフの方々がサポートしてくれるので、生活面で心配することはないと思います。とても穏やかで自然に囲まれており快適なので、平和で落ち着いた雰囲気が好きな人にはもってこいの大学だと思います。

 

★充実した図書館

図書館がとても綺麗で充実しています。非常に使いやすく素晴らしいので、自習時にはよく活用しています。

 

★先生との距離が近い

クラスも人数が多くなく、アットホームな雰囲気なので、その分先生との距離がとても近いです。先生と学生のやりとりを聞いていると、まるで友達のような親しさで、日本ではあまり見られない関係性に驚くことがありました。でもとても質問しやすい雰囲気で気に入っています。

モンタナ大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談はこちら

 

★人の温かさを感じるキャンパス

大学スタッフや教授陣の対応がとても親切で丁寧です。語学において不利な留学生に対して分かりやすく、こちらが理解するまで説明しようとしてくださり、質問があるときはすぐに対応してくださいます。ニューヨークなどのシティと比較すると、ミズーラの街は小さいですが、人と人との関わりはどの街よりも強いと思います。バスの中で街の人たちとスモールトークがあったり、ボランティアに行っている小学校では、迎えにくる保護者の方ともどんな活動をしたのかなど会話を楽しんだりと、学生だけでなく街の人たちとの関わりが深いことが推しポイントです!

 

★自然美溢れるキャンパス

ミズーラは自然が豊かで、キャンパスにいても自然の美しさを感じることができます。キャンパスのすぐ後ろにはMt.Mと呼ばれる山があり、キャンパスから眺めることができます。また、夜になると鹿の家族に遭遇することが多々あります。自然の豊かさを感じることができる魅力的なキャンパスだと思います。また、自然を楽しめるアクティビティが多いことも素敵だと思います!夏はラフティングやハイキング、これからの時期はスノーボードが楽しみです。

 

★食堂がお気に入り

僕は今ジムがとても身近にあるということで、トレーニングをしています。そのため食事が大切なのですが、大学の食堂はとても美味しくたくさんの種類メニューがあります。食事に気を使えばダイエットも増量もできます。他の大学の食堂はどんな感じか分かりませんが、とても美味しい方かと思います。ちなみに今日はローストビーフでした。

ユタ大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)こちら

派遣生の体験談(FLAP)はこちら

 

★住みやすい環境

広大なキャンパス内には、キャンパスバスだけでなくTRAXという路面電車と一般バスが乗り入れ、ユタ大学の学生証で全てタダになるので、車が無くても気軽に遠出できます。寮のダイニングルームは営業時間が長く、野菜バーが非常に充実しているので、渡米前は食生活の乱れを懸念していましたが、それは無用でした。キャンパス内にボーリング場やボルダリング施設、大きなジムなど娯楽施設も充実しており、アウトドアセンターではキャンプ用品やカヤックなどのマリンスポーツ道具、大きなバッグまで格安で貸してくれるのでとても便利です。

 

★立地が最高

都会すぎず、比較的静かなので、勉強に最適であるのに加えて、ダウンタウンへもすぐ行けるので、生活に不便を感じたことはあまりありません。また、スポーツも盛んで他大との試合を大学内の大きなスタジアムで見ることができて楽しいです。

 

★充実した施設

寮のすぐそばには24時間開いている建物があり、お腹が空いた時はそこの売店を利用したり、友達とビリヤードをしていることがあります。またジムの設備も充実していてよく友達とトレーニングをしたりバスケをしています。キャンパス自体がとても広いので歩くのは疲れますが、色々な建物がありすごく充実していると思います。

 

 

ヨーロッパ

アイルランド

トリニティカレッジ・ダブリン

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)はこちら

★歴史ある建物

ケルズの書が展示されているOld Libraryをはじめ、Examination Hall、Museum Buildingなど、17世紀、18世紀に建てられた歴史を感じられる建物がキャンパス内にあり、歴史を大切にするヨーロッパらしさを感じることができます。

 

★ヨーロッパ中から学生が集まっている

ヨーロッパ屈指の名門校ということもあり、エラスムス制度を利用した留学生がEU各国から学びに来ており、様々なEU市民の意見や考え方を、チュートリアルを通し聴くことができます。また滞在先では、フラットメイトがマルタやオランダからの学生であったりします。このようにヨーロッパの様々な国からの学生と関われる機会があるということは非常に大きな魅力であると思います。

イギリス

イーストアングリア大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)こちら

派遣生の体験談(FLAP)はこちら

★とても便利で設備が抜群

大学内にスーパー、レストラン、バーが揃っており、とても便利です。それゆえ市内に出るのが億劫になるほどです。

 

★自然が豊かなキャンパス

湖や森があり、うさぎやリス、たまにカワウソまで見られる自然に溢れたキャンパスです。

イギリス

キングス・カレッジ・ロンドン ロンドン大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)はこちら

★ロケーションが抜群

ロンドンというヨーロッパで一番の大都市にあり、シティのど真ん中に一意しているというのは、交通や買い物などの便利さといった点でも、時代の先端と歴史の融合・文化の多様性といった点でも、どこにも負けない魅力があります。

イギリス

グラスゴーカレドニアン大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)はこちら

★学部授業前の英語学習制度がしっかりしている

第1言語が英語の国からの留学生も、英語コースを履修しているのに驚きました。分野や出身国も様々で、初めて聞く名前の国の方や地球の裏側からはるばる来ている人もいます。

 

★立地が良い

大学施設としてはコンパクトな印象ですが、少し歩けば町の中心なので困ることはありません。また、都会過ぎないので治安もいいです。バスや電車のアクセスもいいので立地としては満点ではないでしょうか。

 

★日本人が全然いない

日本って第一言語なに?と聞かれて驚くほどには日本人がいませんので英語漬けにはもってこいです。

フランス

ストラスブール大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)はこちら

 

★異文化理解が尊重されている

フランスにいながら、英語で授業を履修できます。留学生用の授業というものがないため、全ての授業で現地学生と留学生が混在しています。教授たちも多国籍で、当然行われる授業の中でも、例として様々な国の文化が対比されます。

 

★イベントが豊富

留学生交流団体というものがあり、街観光や旅行、様々なイベントを企画してくれています。参加費もお手頃なので、とても有り難いです。現地学生も参加するため常にグローバルな視点が強いられる環境でもあります。

 

★二か国語習得できる

基本的に英語ができれば不自由なく生活できるのですが、フランス語に意欲のある人は、細かくレベルが分けされているフランスの授業を受けることができます。

イタリア

ミラノカトリック・サクロクオーレ大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)はこちら

 

★多国籍な環境で現地の学生とも友人に!

留学生は全員「International curriculum」を履修するので、イタリアにいながら、アメリカ・イギリス・スペイン・フランス・スウェーデン・韓国・台湾・中国など多種多様な国の学生と出会うことができます。授業や課題は全て英語なので、英語の勉強にもなります。また、私はいまIELTSの授業を取っていますが、私以外全員イタリア人で構成されています。1人なので少し緊張しますが、同じように英語を勉強中なので何も怖くないし、現地の学生と出会う機会なので楽しんで受けています。

 

オセアニア

オーストラリア

ニューサウスウェールズ大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)はこちら

派遣生の体験談(FLAP)はこちら

★広いキャンパスには施設が充実

プールや体育館付きのジム、オーストラリアで有名なスムージー屋さんがキャンパス内にあり、café teriaも充実している。Wifiも登録すればキャンパス内どこでも無料で使えるようになる。図書館も大きいものが2つあり勉強場所には困らない。逆にキャンパス内が広すぎて迷子になりそうなくらいでした。

オーストラリア

フリンダース大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)はこちら

派遣生の体験談(FLAP)はこちら

★落ち着いたフレンドリーな環境

キャンパスは落ち着いていて、フレンドリーです。平和な雰囲気で、自然が沢山あります。アクティビティなどを通じ現地の学生とも交流が出来、スタッフも非常に学生思いだなと感じます。勉強に集中したい人には須原良い環境です。

 

★自然とシティの融合した立地

緑が多く、近くにビーチがあるなど、自然豊かな場所でした。逆にシティーの方にはお店も多くあり、とても賑わっていました。

 

★看護に興味のある人に最適

フリンダース大学は看護が有名なので、看護関係の学生が多かったです。なので、看護やヘルスケアなど、そういう方面に興味がある方にはとてもおすすめです。

ニュージーランド

オークランド大学

大学詳細はこちら

派遣生の体験談(SAP)はこちら

派遣生の体験談(FLAP)はこちら

 

★ニュージーランド特有の授業内容

マオリやパシフィックアイランドに関しての授業など、日本では決して学べないようなニュージーランドらしい授業が取れます。オークランド大学で学ぶ中で、今まで知らなかった歴史や、考えたことのなかった問題点などを学ぶことができ、より広い視野が身についたように思います。

 

★アジアについて学べる

地政学的にアジアに近いこともあり、アジアに関する学びも充実しています。日本以外のアジアの国から来た学生とアジアに関して考える機会は、今まで自分が考えなかった観点に気づかされることもあり、非常に有意義な時間でした。

 

★雄大な自然

一歩街を出た時、自然の雄大さに触れることができます。ニュージーランドには手つかずの自然がまだ多く残っており、海、山、星全てが日本とは違うスケールで存在しています。旅行もしやすく、自然に触れたいと考える人にとって、ニュージーランドは本当に良い環境であると思います。

 

 

‣JSAF派遣生留学体験談一覧はこちら

トップに戻る